どのようなパターンが一番安いか

ダンボール

東京から引越しをする場合には、可能な限り安くしたいと考える人がほとんどのはずです。そのためには、事前に基礎知識を頭に入れておくことが大事です。安くするためには、一人暮らしの場合であれば単身パックを利用してみると良いでしょう。このパックは、業者によって種類が若干異なりますが格安で提供されているのが特徴になります。ただ、荷物の量自体はそれほどたくさんはこぶことができません。量があらかじめ決まっており、その範囲内でしか運ぶことができないわけです。具体的には、1立方メートルのボックスの中に入ることができる荷物の量しか運ぶことができません。会社によっては、縦と横が1mで高さが1m70㎝ぐらいまでのものがあります。

なぜ安くすることが可能になるのか

荷物

東京の引越しで単身パックなどを利用する場合には、通常の料金の半分以下で済ませることが可能になります。なぜこのように安くすることが可能になるかといえば、混載便を利用するからです。混載便とは、一つのトラックの中にいくつもの人の荷物を運ぶ仕組みです。同じ方向に引っ越しをする人が何人かいる場合には、その人たちの荷物をまとめて一つのトラックで運ぶようにします。その結果、運送費用が安くなります。もう一つは、いつ到着するか明確でない場合ならば、業者の方もそこまで人の手配をする必要はありません。そうすると、業者の都合で荷物を運ぶことが可能になります。

選ぶ時のポイントは

ダンボール

これから東京で引越し業者を選ぶ場合には、可能な限り早いタイミングで選んでおく必要があります。転勤に関しては、すぐに引っ越しを命ぜられることもあるため、直前にならないと引っ越し業者を決められないこともありますが、プライベートで移動する場合にですが、3カ月ぐらい前から予約をしておくとよいでしょう。特に繁忙期に関しては、予約が殺到する可能性があるため、希望している日時を選べないことや会社自体を選ぶことができない場合もあります。

相見積もりをする

ダンボール

東京にはたくさんの引越し業者がありますので、一つの業者に決める場合でもいくつかの業者と相見積もりをしてみることも大事になります。具体的には、三つぐらいの業者を選んで、それぞれ見積もりをして一番安いところや条件のよいところを選んで契約をするのがよいです。見積もりをする場合の注意点としては、すべて同じ条件にすることが重要です。条件が違えば、当然金額帯も違うためあまり参考にはなりません。ですが、条件が同じ場合には明確に金額の違いが出るため、自分が納得できるところ選ぶのがよいです。選び方がわからない場合は、いちばん親切にしてくれる業者を選べば安心です。

広告募集中